改正著作権法により違法サイトの利用者も有罪と見なされる!?

違法サイトの利用者も有罪

改正著作権法により違法サイトの利用者も有罪と見なされる!?

2010年1月に新しく生まれ変わった著作権法ですが、これまで罪に問われることがなかった違法サイトの利用者までもが有罪と見なされるようになりました。
そのため、着うたフルサイト選びにはこれまで以上に慎重にならざるを得ません。

 

違法配信サイトと言えば、主にレンタル掲示板を利用して音楽配信しているところが多いようです。
そういったサイトは見るからに怪しいと判断できるので、利用されている方は違法だと分かっていて着うたフルをダウンロードされているのでしょう。
中高生ならともかく、一般常識のある大人ならひと目で判断できるはずです。

 

著作権法が改正され違法ダウンロードが有罪と見なされるようにはなったのですが、実際に利用者が処罰されたことはまだありません。
そのため安易に考えて違法ダウンロードを続けている方もいらっしゃるのでしょう。
でも、違法着うたフルに敏感な時代となった現代において、いつ敵発されるか分かりません。

 

もともと違法配信サイトが存続するのは、そういったサイトを利用する人が後を絶たないからでしょう。
逆に利用者がいなくなればサイトの存続も難しいということになります。
違法配信サイトをなくすためにも、利用者が意識して違法配信サイトに近付かないようにしなくてはいけませんね。

 

当サイトを読まれている方ならきっとお分かり頂いているとは思いますが、違法着うたフルを利用することは絶対にあってはならないことです。
処罰がないからといって違法着うたフルをダウンロードするのは止しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ